HOME > お知らせ > 相続対策の三つの柱

相続対策の三つの柱

2015.07.16 | お知らせ

以前に基礎控除額の改正についてお伝えさせて頂きましたが、

この基礎控除額の引き下げの結果、相続税の課税対象となる割合は、

今までの4.2%前後から6%前後まで増えることが予想されています。

特に東京23区では4人に1人が課税対象になるのではないかとも

言われております。

基礎控除額の引き下げはこれからの相続に大きな変化をもたらします。

 これまで相続税とは無縁と思われてきた方にも関係があるようになって

くることが予想されます。

「うちは相続税を払うのだろうか?」と心配する方は少なくありません。

そんな方はまず、財産がどれくらいあるのかを把握してみましょう。

これから相続対策を行うにあたっては、主に3つの柱を念頭に置いて

考えましょう。

1.節税対策

2.納税資金対策

3.「争族」対策

『節税対策』としては「プラスの財産を減らす」「マイナスの財産を増やす」

「法定相続人を増やして、基礎控除額を増やす」「税額控除、特例を活用する」

などが挙げられます。

『納税資金対策』としては「生命保険の活用」「延納」「物納」「遊休不動産の売却」

などが考えられます。

『「争族」対策』として最も有効なのは、遺言書の作成です。どんなに現在親族間の仲が

良くても、円満に相続できるとは限りません。家族間の争いを避けたいのであれば

遺言書を作成することをおすすめ致します。

 

相続・贈与・遺言などについて気になることなどがあれば、お気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせは			044-271-9880

メールでのご相談はこちら

無料相談会を実施しております

無料相談会のご予約はこちらから

お問合せ

電話でのお問合せは			044-271-9880
メールでのお問合せは24時間受け付けております
相続サポートご費用

メニュー

神奈川・川崎で税理士をお探しの方、税務業務のご依頼は相続・贈与相談センター川崎南支部へ。
生前における相続対策でもっとも大切なことは”現状を知る”ことです。
地元川崎で50年、相続の相談件数4,000件の実績を誇る税理士法人下平会計事務所がお客様のニーズに合わせて迅速かつ丁寧にそのお手伝いをさせて頂きます。

上記サービスメニュー以外にも、相続のことでお困りでしたら、お気軽にご相談ください。経験豊富な税理士が、無料でご相談を承ります。

運営団体

相続・贈与相談センター川崎南支部〒210-0005 神奈川県川崎市川崎区東田町8番地パレール三井ビル8階

電話でのお問合せは			044-271-9880