HOME > お知らせ > 基礎控除引き下げによる影響

基礎控除引き下げによる影響

2015.06.30 | お知らせ

平成27年1月1日に相続税と贈与税が改正されました。

大きなポイントのひとつが相続税の基礎控除の引き下げです。

 

人が亡くなって相続が発生したからといって、必ず相続税がかかるわけでは

ありません。相続財産が一定額を超えてはじめて相続税がかかります。

この一定額を基礎控除額といいます。

 

例えば、夫が亡くなり、相続人が妻と子供2人だった場合は、夫の財産総額が、

平成26年12月31日までの相続であれば5,000万円+1,000万円×3人

=8,000万円を超えなければ相続税はかからなかったのです。

 一方、平成27年1月1日以降に発生した相続では、夫の財産総額が

3,000万円+600万円×3人=4,800万円を超えると相続税がかかる

ことになります。

このように上記の場合ではこれまで相続税がかからなかった、財産総額

4,800万円超8,000万円以下の方は、平成27年1月1日以降の相続からは

相続税がかかるため相続対策が必要となります。

 

電話でのお問い合わせは			044-271-9880

メールでのご相談はこちら

無料相談会を実施しております

無料相談会のご予約はこちらから

お問合せ

電話でのお問合せは			044-271-9880
メールでのお問合せは24時間受け付けております
相続サポートご費用

メニュー

神奈川・川崎で税理士をお探しの方、税務業務のご依頼は相続・贈与相談センター川崎南支部へ。
生前における相続対策でもっとも大切なことは”現状を知る”ことです。
地元川崎で50年、相続の相談件数4,000件の実績を誇る税理士法人下平会計事務所がお客様のニーズに合わせて迅速かつ丁寧にそのお手伝いをさせて頂きます。

上記サービスメニュー以外にも、相続のことでお困りでしたら、お気軽にご相談ください。経験豊富な税理士が、無料でご相談を承ります。

運営団体

相続・贈与相談センター川崎南支部〒210-0005 神奈川県川崎市川崎区東田町8番地パレール三井ビル8階

電話でのお問合せは			044-271-9880